愛大医水の練習記録です。それぞれのキャラクターの活きた日誌をお楽しみください♪
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

こんばんは、今日の担当は平松です。
お疲れ様でした。
みんな合宿の疲れを引きずっていたみたいですが、
がんばってたとおもいます。
 
今日のpullメニューはどうでしたか?
掻き数を増やさずにDesできましたか?

1人が一度に見られる人数に限りがあるし、
タイムも計って書かなきゃいけないので
全員の掻き数はチェックできませんでしたが、、、


やっぱ和樹のpullは推進力あるなと改めて思った。
唯一Desできてたのは和樹でした。
掻き数が維持できていたかは確認できなかったけど、私たちは和樹を信じます。笑

JAMは後半25mの掻き数が前半に比べてちょっと増えすぎかな。
あと、1set目のformと2set目以降のDPSで掻き数が変わってない(笑)
ただ、Desの時、掻き数の維持は意識できていたようです。
そして、練習後NASAさんの個別指導を受けた後の泳ぎはすごく良かった。
気付けば、以前の転覆しそうな船ではなくなっていた!褒


さちこ曰く、
「みんなkickは○なので、pullが上手になれば格段に速くなる」
とのことです。

ということで、pullの質を上げましょう♪



解説文章は長くて難しいけど、動画見ると少しはわかるよ。笑


☆サークルスカーリング(掻き方、手の動き、角度のおはなし)
http://www.geocities.jp/ssfasternote/circlesculling.html

→ポセさんのpullが一番↑に近いと感じました。
みなさんformの時どんなことを意識して泳いでますか?
catch、pull、pushそれぞれ何を意識してますか?
ただ、水をできるだけ多く掴んで後ろに押し出すと体が前に進むってわけじゃないようです。
抵抗を感じて疲れるだけで、実際体は前に進まない……ってことになってたりして。
掻き方ひとつで、体が小さくても、腕が細くても(笑)速く泳げるようです。
NASAさんの云う「水に乗る」っていう表現、私は体感したことないけど、
↑を読んでこういうことなのかな、と思いました。


☆スクリューモーション(いわゆるローリング、肩から腰のひねり方)
http://www.geocities.jp/ssfasternote/screwmotion.html

→JAMに特に読んでほしい。NASAさんの泳ぎが近いと思われます。
頭と体が一緒にローリングしている人、Head upの練習が苦手な人、ちょっと読んでみてね。
私もすべて理解したわけじゃないけど、
脊柱を軸にした“回旋”運動(←合ってるのかも不安。汗)
つまり、首を振らない。肩を開かない。ってことかな?
掻くとき、顔~体幹ごと横に向けると、リカバリーが楽(?)だけど、
そうじゃなくて、ここで、(たとえば右手で掻いているなら、)
左手を肩ごと前にまっすぐ伸ばしている時、顔の向きは変えずに掻いた後の右“肩”を後ろに引くって感じ?
これも動画でみると何となくわかるはず。




うわ、めっちゃ長くなった!笑 ほんでもってこんな時間!笑

きっとスイマーのみなさんが読むと私よりよくわかるんだろうと思います。
ただ、↑の泳ぎ方は、あくまでもいろいろな泳ぎ方の内の一つなので、
すべてこれどおりに、ってする必要はないし、
何かを改善すべきだとは思うけど、何を意識して泳いだらいいんだろう?という人に、
参考に「へぇ~」と思って読んでもらえれば良いです。


一番良いのは、トップスイマーの動画を見ることらしいです。
You tubeで検索してみてね。
あと、Downこそきれいなformで!
では、次回の練習も頑張りましょう♪


おまけ→前回と同じやつ
☆フィンワーク(いかに楽に早く泳ぐか!それは足の使い方やで!)
http://www.geocities.jp/ssfasternote/finwork.html
スポンサーサイト


追記を閉じる▲
今日のpullメニューはどうでしたか?
掻き数を増やさずにDesできましたか?

1人が一度に見られる人数に限りがあるし、
タイムも計って書かなきゃいけないので
全員の掻き数はチェックできませんでしたが、、、


やっぱ和樹のpullは推進力あるなと改めて思った。
唯一Desできてたのは和樹でした。
掻き数が維持できていたかは確認できなかったけど、私たちは和樹を信じます。笑

JAMは後半25mの掻き数が前半に比べてちょっと増えすぎかな。
あと、1set目のformと2set目以降のDPSで掻き数が変わってない(笑)
ただ、Desの時、掻き数の維持は意識できていたようです。
そして、練習後NASAさんの個別指導を受けた後の泳ぎはすごく良かった。
気付けば、以前の転覆しそうな船ではなくなっていた!褒


さちこ曰く、
「みんなkickは○なので、pullが上手になれば格段に速くなる」
とのことです。

ということで、pullの質を上げましょう♪



解説文章は長くて難しいけど、動画見ると少しはわかるよ。笑


☆サークルスカーリング(掻き方、手の動き、角度のおはなし)
http://www.geocities.jp/ssfasternote/circlesculling.html

→ポセさんのpullが一番↑に近いと感じました。
みなさんformの時どんなことを意識して泳いでますか?
catch、pull、pushそれぞれ何を意識してますか?
ただ、水をできるだけ多く掴んで後ろに押し出すと体が前に進むってわけじゃないようです。
抵抗を感じて疲れるだけで、実際体は前に進まない……ってことになってたりして。
掻き方ひとつで、体が小さくても、腕が細くても(笑)速く泳げるようです。
NASAさんの云う「水に乗る」っていう表現、私は体感したことないけど、
↑を読んでこういうことなのかな、と思いました。


☆スクリューモーション(いわゆるローリング、肩から腰のひねり方)
http://www.geocities.jp/ssfasternote/screwmotion.html

→JAMに特に読んでほしい。NASAさんの泳ぎが近いと思われます。
頭と体が一緒にローリングしている人、Head upの練習が苦手な人、ちょっと読んでみてね。
私もすべて理解したわけじゃないけど、
脊柱を軸にした“回旋”運動(←合ってるのかも不安。汗)
つまり、首を振らない。肩を開かない。ってことかな?
掻くとき、顔~体幹ごと横に向けると、リカバリーが楽(?)だけど、
そうじゃなくて、ここで、(たとえば右手で掻いているなら、)
左手を肩ごと前にまっすぐ伸ばしている時、顔の向きは変えずに掻いた後の右“肩”を後ろに引くって感じ?
これも動画でみると何となくわかるはず。




うわ、めっちゃ長くなった!笑 ほんでもってこんな時間!笑

きっとスイマーのみなさんが読むと私よりよくわかるんだろうと思います。
ただ、↑の泳ぎ方は、あくまでもいろいろな泳ぎ方の内の一つなので、
すべてこれどおりに、ってする必要はないし、
何かを改善すべきだとは思うけど、何を意識して泳いだらいいんだろう?という人に、
参考に「へぇ~」と思って読んでもらえれば良いです。


一番良いのは、トップスイマーの動画を見ることらしいです。
You tubeで検索してみてね。
あと、Downこそきれいなformで!
では、次回の練習も頑張りましょう♪


おまけ→前回と同じやつ
☆フィンワーク(いかに楽に早く泳ぐか!それは足の使い方やで!)
http://www.geocities.jp/ssfasternote/finwork.html
スポンサーサイト

【2011/05/08 00:01】 | ◇活動記録A
トラックバック(0) |


わいち
アクセスしましょうと言われたので、またまたマクドで勉強してる合間に来ました。
携帯もPSPも電池が切れそうなう。
↑こんな事はどうでもよくて。

本文について…
多くのアドバイスをありがとうございます。
貼ってくれたURLはまた家に帰ってみてみようと思います。
「速く」かつ「楽に」泳げるようになる近道はフォームだと思うのでただ漫然と泳ぐんじゃなくて、何かを意識しながら泳げると良いと思いました。


nasa
ゆーきちゃん、記録ありがと!

ストローク数を数えてね!とか、DPSに気をつけて!とか言っても、みんなの泳ぎをみることはなかなか難しいので、マネさんたちが意識して見ていてくれると心強いです(*^^*)
感想を言ってくれるだけでもありがたいしね♪

のっけてくれたURLはこれから見るところです☆
ありがとう♡


やまおー
合宿お疲れ様でした~、久々にコメントさせていただきます。

ローリングのお話ですが、肩のラインを→-で表すとすると、右手を前に出すと/、左肩を引いても/。こういう形になるので両方を同時に行うことで力の入れ方が半減し、ストローク長を楽に伸ばすことができます。また肩を引く意識を持つことで広背筋だけでなく他の体幹の筋群も使ってプル動作を行うことができてより力強いプルを行えます。

個人的にはCesar Cielo Filho(50Fr、100Frの世界記録保持者)の泳ぎがローリングとプルのタイミングが良く、理想的なプル動作ができていると思うのでよろしければ検索してみてください。とりあえずササっと(・ω・)ノhttp://www.youtube.com/watch?v=rxyMg-GtGgg


やまおー
たびたび失礼します。先ほどの動画は水中映像が少ないので
http://www.youtube.com/watch?v=2GTvvDdw6G8
http://www.youtube.com/watch?v=cFG32B-SymM
http://www.youtube.com/watch?v=ax77_hHq9Dc

フリーソフトの動画ダウンロードできるやつでPCに入れておくとすぐ見れるので便利ですよ


sayoko
すごくためになる日記をありがとう。
合宿で初めて知ったDPS,今まで何となくやってきたプルを見直すよいきっかけになりました。とりあえずスクリューモーション勉強してみました。

やまおーさんもコメントありがとうございます。肩を引くのは意識したことなかった!次回からの練習は頭使います^^


コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
アクセスしましょうと言われたので、またまたマクドで勉強してる合間に来ました。
携帯もPSPも電池が切れそうなう。
↑こんな事はどうでもよくて。

本文について…
多くのアドバイスをありがとうございます。
貼ってくれたURLはまた家に帰ってみてみようと思います。
「速く」かつ「楽に」泳げるようになる近道はフォームだと思うのでただ漫然と泳ぐんじゃなくて、何かを意識しながら泳げると良いと思いました。
2011/05/08(Sun) 11:53 | URL  | わいち #GSY9hduo[ 編集]
ゆーきちゃん、記録ありがと!

ストローク数を数えてね!とか、DPSに気をつけて!とか言っても、みんなの泳ぎをみることはなかなか難しいので、マネさんたちが意識して見ていてくれると心強いです(*^^*)
感想を言ってくれるだけでもありがたいしね♪

のっけてくれたURLはこれから見るところです☆
ありがとう♡
2011/05/08(Sun) 13:09 | URL  | nasa #-[ 編集]
合宿お疲れ様でした~、久々にコメントさせていただきます。

ローリングのお話ですが、肩のラインを→-で表すとすると、右手を前に出すと/、左肩を引いても/。こういう形になるので両方を同時に行うことで力の入れ方が半減し、ストローク長を楽に伸ばすことができます。また肩を引く意識を持つことで広背筋だけでなく他の体幹の筋群も使ってプル動作を行うことができてより力強いプルを行えます。

個人的にはCesar Cielo Filho(50Fr、100Frの世界記録保持者)の泳ぎがローリングとプルのタイミングが良く、理想的なプル動作ができていると思うのでよろしければ検索してみてください。とりあえずササっと(・ω・)ノhttp://www.youtube.com/watch?v=rxyMg-GtGgg
2011/05/08(Sun) 17:08 | URL  | やまおー #-[ 編集]
たびたび失礼します。先ほどの動画は水中映像が少ないので
http://www.youtube.com/watch?v=2GTvvDdw6G8
http://www.youtube.com/watch?v=cFG32B-SymM
http://www.youtube.com/watch?v=ax77_hHq9Dc

フリーソフトの動画ダウンロードできるやつでPCに入れておくとすぐ見れるので便利ですよ
2011/05/08(Sun) 17:20 | URL  | やまおー #-[ 編集]
すごくためになる日記をありがとう。
合宿で初めて知ったDPS,今まで何となくやってきたプルを見直すよいきっかけになりました。とりあえずスクリューモーション勉強してみました。

やまおーさんもコメントありがとうございます。肩を引くのは意識したことなかった!次回からの練習は頭使います^^
2011/05/10(Tue) 07:51 | URL  | sayoko #ggYJ14VQ[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。